水の賞味期限の真実

水は腐らないとか痛まないという理論的な話をする人いますが、水は飲めなくなる賞味期限は存在します。保管の仕方が悪いと飲めない水になるので注意しましょう。

ペットボトルの水は賞味期限が1~5年ってホント?

流石に5年はやりすぎだと思います。怖くて私なら飲めません。1年もちょっと長い気がしてなりません。これは気分だけの問題かもしれませんが保管方法をきちんと行えばかろうじて飲めるのかもしれませんね。

水そのものは腐ることはありませんので、汚れたとしても専用の浄水器やろ過システムを通せば飲める水に大変身します。なぜ水が飲めなくなるのかは、微量の不純物や細菌が増殖してしまうからです。痛んでしまう原因としては2つ。空気に触れてしまう事と日差しに当たること。この2つが大きな原因です。だから保管しておくならばなるべく日の当たらない地下室などに段ボールで遮断し空気も入らない様にペットボトルも開封してはいけません。温度も低温であればあるほど良いと思います。

こういった保管ができていない場合は1カ月でも痛んでしまう場合もあると考えてください。

夏場の季節で一度開封し、水をコップに注ぎ、飲み残しを熱い部屋においていたとしましょう。1日後でも細菌が湧いている可能性はあります。私ならそういう水はもう飲みませんね。観賞用の花や観葉植物のお水にするか捨てるかどちらかにします。

ペットボトルで開封し蓋をしめたとしても空気は入ってくるので必ず冷蔵庫で保管しないと水は痛みます。これは覚えておいてください。

未開封の場合、ペットボトルの水メーカーが推奨している賞味期限も約2ヶ月くらいが平均です。実際の賞味期限は幅を持たせている節もありますが、これに従わず食中毒になったとかではメーカーに責任をとってもらうこともできなくなりますし、そもそも、体が大事ですから期限は守りましょう。

ウォーターサーバーの水は開封後賞味期限はどのくらい?

密封度が高いウォーターサーバーの水はどうでしょうか。平均の未開封時の賞味期限は約6ヶ月です。この長さから故か備蓄水としてウォーターサーバーは重宝されていますね。

しかし、ウォーターサーバーの水もペットボトル同様に日の光や空気に弱いです。設置場所が窓際で強い日差しが当たる場所などにストック用の水をおいておき、水が臭うなどの苦情はよく寄せられています。また機種によって真相は明らかではありませんがガロンボトル型のボトル内に空気が入り込んでしまうウォーターサーバーは衛生的ではないという見解もあります。ビニール製の水が減るたびに真空状態で空気を入らせない仕様のウォーターサーバー今は主流ですね。ただあまり保管しすぎるとビニール臭いという苦情もあるようです。これは日光にあたりすぎたという側面もあると思いますが。

ウォーターサーバーはサーバーに設置後、つまり開封後はどのくらいで飲みきればよいのか?というのも疑問に上がる点です。これはメーカーによってもまちまちですが2~4週間程度持ちます。サーバー自体が冷却装置を持っていること、細菌の洗浄を自動で行ってくれるなど細菌のサーバーは発達しています。また空気に触れさせないという機能も徹底している会社のサーバーは実際もう少し持ちそうな気もしますが、ペットボトル同様ここはメーカーの日数に従うのが正しい判断かと。

参考:水宅配の匠

10年賞味期限が切れた水を沸騰させれば飲めるのか?

水は腐らないという理論はおそらく正しいのでしょうから、10年間放置しておいた水を沸騰させれば飲める水になるのでしょうか。これ答えはNOだと思います。保管方法にもよるでしょう、沸騰での殺菌方法はとても有効な殺菌方法ではありますが、ウイルスだとかは沸騰ではどうにもならないものも存在する可能性があることは認識しないといけません。

体力がない高齢者や赤ちゃんなどに飲ませるなんてもってのほか。勿論成人している大人もできるだけ避けたほうが無難でしょう。アフリカの貧しい国では衛生的でないコレラなどが混じった水を飲んで病気が蔓延している等もあります。可能性がある時点で避けておいたほうが良いのは当然ではないでしょうか。

沸騰よりも除菌として有効な方法は実は確立されていて、ろ過システムを利用するとほぼどんな水でも細菌などを濾すことができる膜があります。ウォーターサーバーなどではRO水として販売されているアレです。水自体腐らないという理論は正しいと思うので理論上では、放置され細菌がうじゃうじゃいる川や泥水などでもこの膜を通せば安全な水として飲むことは可能と言えます。専用の簡易濾過商品は通販でも防災用グッツとして手に入れることは可能です。

水の賞味期限について触れてみましたがいかがでしたでしょうか。夏の暑い季節等は特に注意したいものです。